保険料の支払い方の違いによる保険の分類

保険料の支払い方の違いによる分類の違いがいくつかあるので紹介してみたいと思います。

まず、全期払いという払い方の保険です。
全期払いとは、保険料の払込方法のことで、保険期間と保険料の払い込み期間が一致する支払方法です。
それとは反対に、保険期間よりも短期間で保険料の払い込みを終える方法を「短期払い」といいます。
毎月の保険料は、短期払いよりも全期払いの方が安くなります。
しかし、終身保険の場合、長生きすればするほど保険料の総合支払額は高くなります。
老後になれば当然収入は減っていきます。
老後になっても保険料を支払い続けることはできれば避けたいところです。

次に60歳払済という支払い方の保険ですが、これはメリット、デメリットという風に紹介していきたいと思います。
60歳払済のメリットは、60歳以降の支払いがないということです。
上記にも書いたのですが、老後になると収入が減るので支払いがないという面では安心です。

メリットがあれば、必ずデメリットもあります。
60歳払済のデメリットは、「保険料が高い」ということ、「中途解約したとき、損失が大きい」ということ、「一生分を前払いしている仕組みがあるので、もし60歳で亡くなったらもったいない」ということです。

そのほかの支払い方の分類として「終身払い」という支払い方の保険があります。
終身払いとは、終身保険などの保険期間が終身タイプで、保険料を死亡するまで払い続ける方法です。
他のタイプの支払い方法と比較すると終身払いは、月々に支払う保険料額が比較的安いです。
例えば10年という期間で払い込みをしなければならない場合、その期間内で支払いを済ませてしまわないといけない分、どうしても月々に支払う保険料の額は高くなってしまいます。
月々の保険料を安く済ませたい方は終身保険がおすすめかもしれないです。

このように生命保険にはいろいろな支払い方の保険があり、その違いで支払い保険料額が有利にも不利にもなることがあります。
生命保険に入るときや見直しについてはしっかり考え、検討してください。
支払い方法の見直しを行うことで保険料の削減が出来ることもあります。

収入を増やす方法収入源の増やし方収入を増やすノウハウ株式投資
為替動向経済指標為替相場ファンダメンタルズ分析


posted by assetrs66 at 23:56 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険 見直しのタイミング

どのような方が間違った保険の入り方をしてしまうかというと、生命保険の関する知識や実務経験不足が考えられます。
経験が浅い人は知識が少なかったり、現状の保障内容を把握していなかったりしています。

また、保険料の相場観がない人は、保険の見直しを行うメリットがわからないと思うので、そのような人は事前に調べた方が良いです。
では、どのようなときに、どうやって見直しせばよいのでしょうか。

基本的にはライフスタイルが変わったときです。
ライフスタイルが変わるということは「結婚」や「出産」、「退職」、「起業・独立」です。
上記にはそれぞれ共通点があります。
それは「家族の人数」と「収入」です。
主にこのようなときに保険を見直す必要があります。

例えば、出産のときには、学資保険などに入る必要があります。
視野を広げて万が一のときに備えて必要な保険に入りましょう。

どうやって生命保険を見直すか。
見直しの手続きには「保険を見直さずそのまま続ける」という方法と「保険をやめる」「減らす」「払済保険に変える」というこの四つの方法があります。

そのまま続けるということは、見直すより続けた方が良いと判断される場合に選択します。
「やめる」ということは、その名の通り保障をやめてしまうということです。
「減らす」ということは、保障額を減らすということです。
また、「払済保険に変える」ということは保険料を払わずに、これまであった保障をそのままの形で残しておくということです。

いずれもしっかり保険会社に相談して自分に適した手続きをしましょう。

サラリーマン副収入サラリーマン副業SEO対策の方法
posted by assetrs66 at 23:52 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の見直し 「保障期間」「保障金額」「保障内容」

まず生命保険とは簡単にいうと、将来に渡って「家族を守るため」に必要なお金を準備するためのものです。
自分にとって本当に必要な保障のみを考える、そして調べる必要があります。
不必要な生命保険に入ってしまうと、大きな損失につながる可能性があるので注意してください。
どんな保険に入ればいいのかわからないという方が当然出てくると思います。
そんな人は「保障期間」と「保障金額」と「保障内容」を注目してみてください。
この3つが保険に入るための見極める方法です。

当然のことなのですが、自分の経済状況をしっかり把握して無理のない支払ができるようにしましょう。
毎年保険の支払ができなくなってしまう人がたくさんいます。

また、加入のポイントと同時に見直しのときにもいくつかのポイントがあります。
それは「保険料」と「保障内容のバランス」です。
このことをしっかり考え、理解してから見直しを行う必要があります。
そうすると、今自分に必要な保険や不必要な保険がどれなのかを見極めることができます。
バランスを考えずに闇雲に保険を買ってしまったら無駄に費用などが掛かってしまうので注意してください。

日本の平均的な家庭では、一世帯で月に約3.8万円の保険料を支払っているというデータがあります。

見直すときにはまず、今自分が加入している保障の内容が適切か、無駄ではないかということを判断することから始まります。
無駄な保障があれば当然いらないということになります。
この無駄な保障をいつまでも続けていたら大きな損失につながります。
posted by assetrs66 at 23:47 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の見直しの考え方

今、日本は生命保険の見直しブームと言われています。
なぜそういわれているのかといえば、それはいくつかの要因があります。
まず、考えられるのは、不景気で給料が上がらないため家計の節約が必要なために見直しをする。
その次に、日本人は生命保険に保険料を払いすぎだから(平成18年の「生命保険に関する全国実態調査」によれば、一世帯当たりの年間平均支払保険料は約53万円)。

上記の理由として挙げられるのが、高額な保険金額や必要ない特約など、無駄な保険に加入している。
その他にも、ネットの普及で生命保険の見直しについてのホームページが作られていることも見直しブームにつながるでしょう。
また、死亡保障や医療保障など全ての保険を一社でまかなうよりも、それぞれの保険会社から良いとこだけを取って保険プランを組んだ方が保障内容も保険料も安くなり、有利なケースが多く、複数の保険会社の保険を比較してから保険を購入したい消費者が増えた。
他にも、生命保険の買い方の選択肢が増えたのでそれに応じて見直す人も増えた。
保険会社の外交員を通して保険を購入して、複数の保険会社を取り扱う保険代理店やファイナンシャルプランナー(FP)を通して保険を購入。

このような理由から、保険を見直したいという人はどんどん増えています。
しかし、無駄が多く、見直す本人が不必要な保険に入っていいる場合を除けば、生命保険を見直すには、それに適した時期やタイミングがあります。


生命保険に加入する前に、選び方の勉強をしたり「がん保険に入っているけど、これで良いのかな」と見直しをしたりするのはとても面倒です。
ですが、働いている人の毎月の給料は決まっていると思います。
その給料は毎日一生懸命働いて入ってくるお金ですし、通勤ラッシュに耐えて疲れる仕事をして得た大切なお金だと思います。

お金は無駄に使いたくありません。
生命保険選びをしっかりやった方が良い理由は、その一生懸命働いたお金を安易に保険会社に支払いたくないからです。
「保険会社を無駄に潤したくない」というような目的でもいいので、見直しをすることが面倒と思わなくなる理由をみつけることも良いと思います。
常に保険の見直しする必要はありません。
保険の見直しをするのは数年に1度かあるいは生活環境が変わったらでいいと思います。

posted by assetrs66 at 23:12 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療保険の見直し

大きな病気を患っている人は生命保険の種類によっては加入できない場合や保険料が割高になってしまう場合があります。
そのような人は生命保険の見直しをするときに、ここが弱点になってしまいます。

予定死亡率の考えでは性別によって死亡率が異なるのと同じように、病気になったことがある人とない人が同じ保険料では公平性が損なわれてしまいます。
現在、病気でなくても過去の病歴がある場合にも、同様に保険料が高くなったり保険金の支払条件が厳しくなったりと言う制約が加えられるのは公平性を保つという意味で当然のことなのでしょう。
しかし考えてみると病気の人が見直しをする際に、こんなにも不利になることはないんじゃないかなっと私は思います。

保険加入の際には「告知義務」というのがあり、それで病歴を偽ったり、職業を偽ると保険金が支払われなかったり、契約を解除されることがあるそうです。
上記に書いたのですが、一度病気を患ってしまうと保険を乗り換えるのには条件が悪くなってしまいます。
少しでも条件のよい保険に入るには、健康なうちに加入した方が良いということなります。

病気や大きな怪我で長期に渡り仕事ができなくなってしまった場合、健康保険から「傷病手当金」というものがもらえます。
私も初めて知りました。
しかし、国民健康保険にはこの傷病手当金の制度はないそうなので注意してください。

傷病手当金でどのくらいのお金が支給されるかと言うと、健康保険標準報酬等級表から算出される標準報酬日額の3分の2となるそうです。


医療特約の見直し

みなさんは、なぜ医療保険に入るのかを知っていますでしょうか?
それは、「入院した時に入院費用及び生活費に困らないようにするため」なのです。
また、「長期入院が必要な場合に備えるため」や「保険が適用されない先進医療に備えるため」という考え方も正しいでしょう。

しかし、ある程度お金がある人はどうでしょうか?
入院費用や生活費に困らないだけのお金があれば医療保障は必要ありません。

「医療特約」という言葉をご存じでしょうか?
医療特約というのは、いわゆる医療保障を獲得するために主契約となるものに付加して契約をするというものです。
あくまでも特約なので、医療特約だけの単体契約はできません。
なので、主契約に加入している保険会社の特約に気に入ったものがなくて、たまたま自分にぴったりの医療特約をほかの保険会社で見つけたからといって特約だけ他の保険会社の商品を付加するということはできないそうです。
主契約に加入した保険会社で扱っている特約の中から、好きな特約を選んで付加します。

ここで注意点なのですが、「医療特約から死亡保険金は出ない」ということなので知っておきましょう。
医療特約のベースとなるのは、「疾病入院特約」と「災害入院特約」です。
疾病入院特約は病気による入院で、災害入院特約は災害や事故による入院の保障です。
どちらも、手術をした場合の保障(手術給付金)が組み込まれているのが一般的です。

加入している特約が沢山ついたような複雑な生命保険に入っている場合、自分の生命保険がどのような保障内容になっているのかすらわからない人も大部分でしょう。
自分にあった適切な保険を見つけるためには、まずは今の保険を確認して見直しをする必要があります。
特約の見直しは少し厄介なような気がしますので、特約を見直すときは注意しましょう。


posted by assetrs66 at 23:01 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の有効活用

子どもの独立後、保険の見直しをする人は非常に多いのではないでしょうか。
多くの方は、保険金額を下げて、浮いた保険料で老後資金にしたり、医療保障だけを残し、死亡保険はお葬式の費用にする人も多いようです。

相続対策費用としての生命保険を残す人もいると思います。
上記のような見直し方でもポイントになるのは、現在の生命保険をどれだけ有効に生かせるかが重要だと思います。
払い続けてきた保険は、よく内容を確認して、残せるものは残していきましょう。
これが保険を生かせるポイントです。

他にもいくつか生命保険のポイントがあります。

いくら払って、いくら返るのか
外資系の一部の保険会社は払った以上に返る保険があるそうなので確認しましょう。

保険料がずっと上がらない契約になっているか
保険プランによって保険料が一定なものがありますので、必ずチェックが必要です。

保険内容のオプションや詳細の確認
病気になると保険料を代わりに保険会社が支払ってくれる医療保険もあるようです。
またその他の保険も加入するときは詳細も確認しましょう。


生命保険にうまく加入した人はどのようなことをしているのか
1.若いうちに保険料を払い終わっている。
2.保障を一生に渡って残している。
3.保険のことに詳しく、払った以上に返るように計算までして加入している。
4.無駄な保障は考えていない。

上記のことが生命保険をうまく活用するポイントです。


生命保険を検討するうえで考えること

保険を検討する上で考えることは「何のために保険を掛けるのか」ということです。
意外にピントがずれている人が多かったり、不安を煽られ、なんとなく契約したという人も多いでしょう。
親が掛けてくれていた保険を引き継いだだけとか、付き合いで仕方なくというのもあると思います。

「何のために保険を掛けるのか」という問いに「自分が死んでしまったら残された家族のために」とか「病気になったら入院費がかかるから」など答え方は様々あると思います。
答えとしては正しいと思いますが、それはあくまでも、生命保険の根本的な意味を答えているだけです。
それが「自分にとって必要なのかどうか」までは考えていますか

例えば独身の人の場合、生命保険に入る必要はあるのでしょうか
一般的には自分以外に経済的に支えている人がいない場合は生命保険に入る必要はないでしょう。
両親が経済的に支援している場合は、支援額に応じて入っておく必要があるかもしれません。
しかし自分に充分な貯蓄があり、両親にも相続が発生しそれが支援額に相当するものであれば必要はないかもしれません。

保険に入る必要性を判断するのは案外難しいものだと思います。
あれにもお金がかかる、これにもかかると言いだせばキリがないです。
圧倒的な資産がない限り「不安」は完全には消えないわけで、ここがどうしても補償額が過大になる原因です。

保険を見直しを考える際には「この保険は必要なのか」とまず第一に考えてから見直しをすることが大切です。
posted by assetrs66 at 22:57 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢い生命保険の見直し方

生命保険の見直しというと、医療保障などの流行な保険に新しく加入したり、今まであった保険を下取りに転換契約をしたり、解約をするといった方法をよく耳にします。
しかし、解約するより、なにより最初にやっておきたいことは、既に加入している保険の内容をよく確認することです。
なぜかというと、平成7年頃より前に加入した貯蓄性の高い保険はお宝保険と呼ばれており、今新しく保険を加入するよりも保険料が安く、また運用率も高いからです。
なので、簡単に解約や転換契約の下取りを決めてしまわずに、ぜひ一度保険を確認してみてください。

生命保険の内容変更は、保険会社や保険の種類、残っている払込期間や保険期間などの要件によって手続きができないことがあります。
加入している保障内容を確認すると同時に、その保険がどのような手続きができる保険なのかを確認してから自分の生活に適した保険プランになるように保険を見直してみましょう。

保険の見直しは思い立ったが吉です。
最近はテレビや雑誌、電車の広告など、さまざまなところで保険の見直しについての記事が増えてきました。
いざ生命保険を見直そうと思っても、面倒と思う人が大部分でしょう。
しかし、仮に無駄な保険に加入していた場合、見直しが遅れれば遅れるほど損をすることがあります。
したがって、何かのきっかけで見直そうと思ったときは、積極的になるべく早めに行動に移すことが大切です。
見直し、あるいは保険を解約するにも少し手間がかかり、面倒と思ったり、解約することで損をするかもしれないと思う人もいますが、それ以上に見直しをしない方が損をするかもしれないのです。


重要なライフプラン

生命保険のライフプランとは簡単に表すと人生の設計図のようなものです。
目標や夢をいかに実現していくかということです。
目標や夢はどんなことでもかまいません。
それを実現させるためには、経済的な不安や健康に関する不安などがありますが、そのようなリスクをいかにコントロールしていくかということが生命保険の見直しの重要ポイントになってきます。
目標や夢に沿った生活設計を描いてそのライフプランにしたがって計画を立てていきましょう。

ライフプランの節約のポイントは全部で3つあります。

まず1つ目は「お金以外の生活資源も視野に入れる」ということです。
お金は自分の目標を実現するために欠かせないものです。
しかし、生活をする上で必要なのは何もお金だけではありません。
自分の家族や友人、健康、生きがいなどの生活資源をいかに形成し活用していくか、ということも重要な要素だと思います。

2つ目は.「すべての世代が対象となる」ということ。
ライフプランを考える上で忘れてはいけないことがあります。
それは「特定の世代だけを対象にしたものではない」ということです。
自分の生き方や生活課題を自分で決め、よりよい生活を求めながら、一方でリスクへの対応を考えるのは簡単なことではありません。
しかし、若い世代から高齢期を迎えた方まですべての世代にとって大切なことだと思います。

ライフプランの節約につながるポイントの3つ目は
「一定期間ごとに生活設計の見直しを行う」ということです。
ライフプランは一度立てたらそれでよいというものではありません。
生活環境や家族構成、収入状態の変化などに応じて見直しが必要となります。
できれば1年に1回は定期的にライフプランの確認を行うことをおすすめします。

これらのライフプランの節約につながる3つのポイントを頭に入れて自分らしく新しい生活設計の実現を目指してみましょう。


posted by assetrs66 at 22:15 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節約と生命保険の見直し

ここ数年のニュースを見ていると会社の人員削減や早期退職制度という制度を導入しています。
また、同じ会社に長年に渡り勤務する人も少なくなり、会社を自主退社する人が増え、様々な業種で雇用の流動化が続いています。

このことと、生命保険の見直しがどう関わっていくかというと、転職などをすると当然収入が増えたり、又は下がったりします。
そうすると自分に適した保障も変わっていくのです。
転職などで収入が変化した場合は、生命保険を見直しを行う必要がある場合があります。

会社で加入できる団体の共済や保険などは、民間の保険に比べて保険料が安くなる場合が結構あります。
同じ会社などで団体割引が大きく、年齢に関係なく保険料が一定である場合も多いです。
このような保険を積極的に利用することは良いことですが、注意したいのが、万一退職した場合にその後の保障がどうなるのかです。
これについては確認しておく必要があります。
退職後10年まで継続可能の保険や、たとえば80歳まで引受元の保険会社(全労済など)で継続可能のものもあります。
退職後に適用される保険料がいくらになるのかも注目をしておくと良いでしょう。

会社の福利厚生制度の違いにも注意が必要だと思います。
死亡退職金や弔慰金制度、遺児育英年金制度など福利厚生制度が充実している会社で働いていた人は、それを考慮して保険金を少なく設定している場合が考えられます。
これらの制度が退職や転職でなくなった場合、どのぐらい保険金を増やすべきか考えることが大切です。


今、世の中は節約ブームで生命保険も合理的に削減する家庭が増えています。
安易に減額するのではなく、転職する場合や公的保障の条件を確認したうえできちんとした金額を決めることが重要です。

日常生活の中で簡単にできる節約に慣れたら、少し手間のかかる節約にもチャレンジしてみましょう。
節約のポイントは生活の中で当たり前のように払っている毎月の支出をもう一度見直してみることです。

例えば、電気代の見直しや、携帯電話、固定電話の月々の料金、またはパソコンなどのプロバイダの月々の料金や、車がある人はガソリン代、月々の食費代などです。
これらすべて生活の中で当たり前のように払っている毎月の支出です。
上記すべての節約ができたら、もう節約の上級者です。

自動車保険や、生命保険、医療保険などの保険は家計の中で保険料の支出が占める割合は決して小さくありません。
生命保険は、場合によっては数10年間払い続けるものもあります。
仮に1ヶ月の保険料を5000円〜10000万円減らすことができれば1年間で6万〜12万円、10年間で60万〜120万円ものお金を浮かすことのできるところです。

しかし保険料の節約は簡単ではありません。
今入っている保険、これから入ろうと考えている保険すべての内容を把握することは難しいです。
そこで、保険料を簡単に節約したい場合は、保険相談サイトなどに依頼し中立の立場から自分に合った保険商品を勧めもらうことです。
ただ注意していただきたいのが、自分の利益だけを考えて保険商品を勧める人もいるので見極めが必要です。
また、内容が理解しやすいシンプルな保険を選ぶという方法もおすすめです。


posted by assetrs66 at 23:08 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の見直しの注意点

生命保険を見直すときには注意点がいくつかあります。

1つ目は、新しい保険に加入せずに古い保険を先に解約してしまうことです。
これは間違った見直し方です。
新しい保険に加入してから古い保険を解約するようにしましょう。
なぜかというと、万が一古い保険の方が自分に適している場合、それを先に解約してしまったら後悔することになるからです。

2目は、10年後や20年後というように先のことを考えて見直すことです。
人間は歳を重ねるごとに病気をしやすい体になってしまいます。
なのでこの点も考えて見直しを行いましょう。

3つ目は、勧められた保険になんら疑問を持たずに加入してしまうことです。
これはすごく危ないです。
勧められた保険がもし自分のライフスタイルに合っていない場合、大きな損失につながります。

このように失敗しないためには、自分が今どのような保険を必要としているのかが分かっていることが大切です。
必要な保障がどれなのかさっぱりわからないという人の場合はファイナンシャルプランナーに相談するのも一つの手段でしょう。

生命保険を見直すときは保険会社に相談する必要があります。
保険会社に相談する場合は基本的に無料となっており、逆に有料となる場所は、独立ファイナンシャルプランナーです。
まれにファイナンシャルプランナーでも無料で相談できるところもあります。

ここで間違えやすいポイントが1つあります。
それは、料金は安い方が良いという考え方です。
保険を買うということはとても大事なことです。
それを誤ってしまうと大変なことになりかねません。
不必要な保険を買ってしまうと、大変大きな損失につながる恐れも十分ありえますので保険を見直す際はきちんと調べ、わからないことがあればすぐに相談する必要があります。


生命保険の見直しの前に

生命保険を見直す前に生命保険の基本的な仕組みを理解しましょう。
まず、定期保険、養老保険、終身保険の違いを知ること。

定期保険は保険期間を一定期間に決めて、その期間内に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れるというものです。

養老保険も保険期間を一定期間に決めます。そして、その期間内に死亡した場合は死亡保険金を受け取ることができ、満期時に生きていた場合には満期保険金が受け取れます。

終身保険は定期保険と同じ様に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。
定期保険と違うところは保険期間です。
終身保険は、一定期間ではなく、一生涯死亡保険が続きます。

このように定期保険、養老保険、終身保険の3つの保険にはそれぞれ違う使い方ができます。

終身保険の見直しのときには契約時期がポイントになると聞いたことがあるので契約時期に注目してください。
定期保険の見直しのときは、必要な保険金額に過不足がないかをしっかり確認することが大切です。
また、定期保険には更新タイプが多いので更新するときには注意しましょう。
しかし、更新しすぎると保険料が高くなる恐れがあるので、この点も注意が必要となります。
更新するたびに保険料が高くなると考えてください。
また、それぞれの保険の特約が本当に必要なのかも見直しておきましょう。

生命保険の基本的な仕組みには、主契約と特約の違いも理解しておく必要があります。
主契約とは、生命保険の土台となる部分で主契約を単体で契約することができます。

一方、特約とは、主契約にプラスすることで主契約の保障内容を充実することができます。
ここで注意する部分が三つあります。
1つ目は、特約だけでは契約できないということ。
2つ目は、特約は保険会社によって保障内容や給付条件が違うので注意が必要ということです。
3つ目は、主契約がなくなると特約もなくなるということです。


posted by assetrs66 at 22:51 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の見直し

「お金はいくらでもある」という人はあまり多くはいないと思います。
逆に「貯蓄を増やしたい」という人は多いでしょう。
「もっと自由になるお金が欲しい」という人も多いと思います。
しかし、お金を増やす方法は三つだけしかありません。
それは、収入を増やす方法と、支出を減らすこと、資産の運用率を上げることしかないと思います。

収入を増やすということは、例えば副業するか、もしくは転職することぐらいでしょう。
しかしこのご時世それは難しい選択になると思います。
運用率をあげるということは、投資を行うということです。
投資はとても複雑で簡単に運用率を上げるというのも難しいと思われます。

ということは残っている「支出を減らす」ということです。
これが一番簡単に取り組めるのではないでしょうか。
支出を減らすということは、節約するということです。
支出を減らすためには何をしなければならないのか、それは生命保険の見直しです。
きちんとした生命保険の見直しをすれば月々の保険料を大幅に節約することが可能となります。
逆に適当な生命保険の見直しをすれば大きな損失につながる可能性もありますので見直しを行う場合はきちんと行いましょう。
必要最低限の保険に絞れば、それだけでも節約になると思います。

もし保険料の節約ができたらどんなことができるでしょう。
小さなことから大きなことまでできるようになります。
我慢していてなかなか買えなかったものも買えるようになり、旅行にだって行けるかもしれません。
それだけ保険料など毎月の固定費の支出を減らすということは大事なことなのです。


生命保険を見直す方法

独身なのに多額な保険に入っていませんか
主婦の方も、高い保険に入っていませんか
内容のわからないまま保険に入っていませんか

保険料を下げるのに一番簡単なやり方は、「本当に必要な保障だけに絞り込む」ということです。

今、日本は不景気という状況に陥っていることもあり、家計の支出の見直しをしている人も多いことでしょう。
見直すときにはまず、無駄なものをなくしていき月々の保険料を安くするという方法が今一番の見直しとなると思います。

生命保険は、仕組みや特約などいろいろなことがわかりにくい場合が多いので、専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に生命保険の見直しをアドバイスしてもらうのも一つの見直し手段になりますのでおすすめしておきます。
また、いくつかの資料を請求して比較してみたり、生命保険会社の公式ホームページなどを使うと参考になったりするので便利でしょう。

ここで見直しのときの注意点をいくつか紹介しましょう。
まず、お宝保険は解約しないこと。
お宝保険というのは、予定利率が高い生命保険のことです。
1996年4月以前に契約した貯蓄性のある保険(終身保険、養老保険など)は現在では考えられないほど高い予定利率だそうです。
現在の不景気な日本の予定利率は比較的低いです。
なので現在のような低金利時代では保険会社にとって逆ザヤになっているでしょう。
逆ザヤとは、保険会社があらかじめ保険契約者に約束した利率を実際の運用で達成できないため、自らの利益を削っている状態のことです。
簡単にいうと、お宝保険は保険会社にとって邪魔な保険ということです。
なので保険会社はお宝保険を解約させてしまおうと新しい保険の加入を勧めてきます。
勧められたまま加入してしまうとそれこそ生命保険料を払いすぎる原因になる場合があるので注意が必要です。


posted by assetrs66 at 01:37 | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。